ままくま菓子工房のブログ


by mama-kuma
来週の金・土(24・25日)に行う販売日のお知らせはがき、昨日ポストに投函しました。
(会える人には随時手渡しています)

遠方からの問い合わせもあるので、ここでお知らせします。
f0180946_954476.jpg

当日、玄関にこれと同じ看板を出しています。(書かれた文字は変わっているかもしれません)
でも、見つけられなかったら、遠慮無くお電話くださいね。

それと、工房の横にトイレがあります。
専用(家族用とは別)ですので、気兼ねなくお使いください。

みなさまのご来店を、心からお待ちしております。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-18 09:12 | お知らせ

スパイスナッツクッキー

f0180946_23183927.jpg

シナモン・パプリカ・ナツメグ・クローブで作ったミックススパイスがほど良く香るクッキーです。
混ぜ込んだスライスアーモンドの食感に合わせて、カリッとした生地になっています。
ナッツ嫌いの人が、これを5枚立て続けに食べたそうです。
香りのせいか、スライスアーモンドだけが口に残ることがないせいか、
その話を聞いてにんまり。工夫した甲斐がありました。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-16 23:36 | お菓子 | Trackback

ダークフルーツケーキ

f0180946_963477.jpg

本格的に作るのは11月ですが、次回販売日用に作りました。
見た目はそっくりですが、2種類の仕上げになっています。

左は焼いた後、2種類のお酒を1日おきに合計3回含ませました。
右はお酒の弱い方のために、シロップを含ませた「お酒ひかえめ」です。
とはいえ、ラム酒に漬けたドライフルーツがたっぷり入っていますので、
お子さまには好まれない味かなと思います。

日がたつにつれ味がなじんでいくため、賞味期間が長くなっています。
クリスマスやお正月のご自宅用に、また、贈り物にもいかがでしょうか。

次回から11月に行う販売日に予約を受け付け、
販売は12月からを予定しています。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-15 09:07 | お菓子

りんごジャム

f0180946_180432.jpg

紅玉りんごのこの自然の色をいかしたジャムです。

f0180946_1748469.jpg

以前はフタに布をかぶせていたのですが、
食べる時にはジャマで捨てられるだけのものなので、無駄だな~と思っていました。
最近、雑誌で見てピンときて、ヒントにして作ってみました。
めざしたのは、スッキリしたイメージだったのですが、
手書きの文字(りんご)のためか、素朴になってしまいました。
ままくまらしくて、まぁ、いいかな・・・
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-11 17:55 | お菓子

10月 第2回販売日 

第2回販売日は、今月24日(金)と25日(土)です。
ご案内のはがきを作りました。
日時 10月24日(金)
午後 2時~6時
   10月25日(土)
午前10時~12時
尚、商品がなくなり次第、終了いたします
場所 自宅1階 

はがきは来週末に発送の予定。
ご希望の方は、自己紹介欄に記載したメールアドレスに
お名前、郵便番号、住所、電話番号などご一報ください。
メールでのご案内も可能ですので、
はがきとメールのどちらがご希望か明記してください。
来れそうになくても、見てみたいということだけでもOKです。
どうぞ、ご遠慮なく~
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-10 16:12 | お知らせ

モンブランパフェ

カップ仕立てのモンブランです。
f0180946_15292948.jpg

次回の販売日のメニューを考えていて、焼き菓子はだいたい決まりました。
生菓子は前回と同じ「シュークリーム」でいいかな・・・とほぼ決めていたのに、
突然「モンブラン」が食べたくなって、
それなら、いっそ販売日に出しやすいように試作も兼ねて作ってみようと
頭をひねりました。
カップの大きさに合う分量を出すのが難しかったですが、1回でOK.
下からスポンジ、生クリーム、スポンジ、カスタードクリーム、モンブランクリーム、
生クリーム、渋皮煮と組み立ててみました。
渋皮煮、半分で良いtのではという試食後の感想ですが、
柔らかくて綺麗に切れないので、1ケまるごと、このままでいきます。
(組み立ての順番は変わるかもしれません)
秋の贅沢、「モンブランパフェ」。
次回のおすすめです。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-10 16:03 | お菓子

パンドジェーヌ

f0180946_14301447.jpg

本来はこのように丸く大きく焼きます。
底に敷く紙は店のオリジナルのデザインにするそうですので、
ままくまも作ってもらいました。
このようにひっくり返して冷ますと、膨らんだ部分がある程度押さえられて、
生地のきめが整い、よりしっとりと落ち着くのだと思います。

ところが、販売日用には、小さくしようと考えました。
カットはラッピングがきれいにできるかわからないので、
フィナンシェと同じカップに入れてみました。
このケーキは焼いた翌日からなじんでくるので、
明日以降の試食で、大きいサイズと遜色ない味か判断します。
f0180946_14434747.jpg


見た目は平凡なマドレーヌのようですが、
アーモンドパウダーがたっぷりで作り方もかなり違います。
ふくよかな香りと、深い味わいの一方で素朴な焼き菓子。
比較的日持ちも良いので、おやつやお見舞いにおすすめです。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-07 14:58 | お菓子
f0180946_1720127.jpg

チーズ好きのために考えたチーズエピ。
生地にフライドオニオンをまぜたら、コクが加わってチーズにピッタリ。
オーブントースターで焼くと、チーズとフライドオニオンの香りが立ち上り、
皮がパリッとします。
手でちぎりながら良く噛んで食べましょう。
朝食にこれを食べると元気が出ます。

パンもあったほうが良いかな~と販売日に出したところ、
唯一のパンだったせいか、初日、1番に売り切れ。
翌日取りに来るからとご予約をいただき、急遽焼き足しました。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-04 17:21 | パン | Trackback

シトロン

京都にあるお菓子の師匠のお店「シトロン」です。

私が通い始めた頃はマンションのキッチンで開講されていましたが、
2006年に教室を移転してカフェを併設したお菓子カフェを開店されました。
まもなく神戸・大阪の百貨店の催事に出店、東京にも進出。
すごいな~と思っていたら、早くも今年2店目を開店。

こう書くとすごい「やり手」のようですが、
私が持つイメージは、ほわっとした雰囲気の
何でも聞きやすいやさしい先生です。

先生に習うことで、イルプルーシュルラセーヌの存在を知り、
経験したことのない作り方、おいしい材料に出会いました。
そのことで、自分のお菓子を家族以外の人たちにも食べてもらいたいと
強く願うようになり、今に至っているわけす。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-02 23:19 | お店紹介

スコーン

f0180946_16502957.jpg

中身がふんわりしてちょっとしっとりという他にはない口当たりです。
フランス菓子のパティシエのレシピが元になっているので、
フランス風スコーンという感じでしょうか。

召し上がる時は、ぜひオーブントースターなどで温めて、表面のサックリ感を
取り戻してください。
そのままで充分においしいです。
でも、もっとおいしい食べ方をご紹介します。
クロテッドクリームがあれば最高ですが、
なければクリームチーズ(くせのないキリが合いますよ)を塗って、
ジャムをのせてみてください。

ジャムは酸味の効いたものがおすすめ。
冷凍しておいた我が家の庭のブラックベリーの残りを、
ようやくジャムにしましたので、
次回の販売にはスコーンとセットにしてみようかなと考えています。
クリームチーズもあったほうがいいかな?
どこのスーパーマーケットにも売っているけれど、6ヶ入りだからね・・・。
セットに入れるか、欲しい人だけが買えるようにバラ売りを用意するか、
不要か、検討中です。
[PR]
# by mama-kuma | 2008-10-01 16:51 | お菓子 | Trackback