ままくま菓子工房のブログ


by mama-kuma

牛乳パン

ままくまのパンは、強力粉とフランスパン専用粉を50%混ぜ、
少な目の発酵バターときび砂糖と塩に温度調節をした水というのが基本。
ハード系のパンです。

フランスパン専用粉の一部をライ麦に替えたらライ麦パンで、
全粒粉なら全粒粉パン。
販売しているフルーツとナッツ入りのライ麦パンも同じです。
(シンプルなライ麦パンは、配合も作り方も
全く異なります)

自宅用にもこのレシピで作っていたのですが、
冬はちょっと食べづらいというので、
柔らかい、バターロールに近いものを作っていました。
でも、砂糖とバターが増えるのでカロリーが気になります。

たまたま、余っていた牛乳を水の一部にかえてみたら
思ったよりも柔らかい食感になりました。
薄く切ってトーストすると、サクッとおいしい。
牛乳を使う場合は、砂糖もバターも多めでリッチな配合になっているのが
多いですが、ふたつともそのまま。
この場合、注意するのは、置き換える水と牛乳の重さは同じではないということ。
牛乳には水分以外の成分が含まれるので、同量だと固くなってしまいます。
1割強ほど増やすと、うまくいきます。

あたたかくなってきましたが、この食感が気に入って、
今日も牛乳パン・・・と思いながら、又応用してしまいました。
フランスパン専用粉の一部を全粒粉に。
f0180946_16532366.jpg

ライ麦はハード系がおいしいですが、全粒粉はちょっと柔らかくてもおいしいので
試してみました。
[PR]
トラックバックURL : https://mamakuma3.exblog.jp/tb/15990449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mama-kuma | 2011-05-18 17:36 | パン | Trackback